卓 話 陸上自衛隊第372 司令 林 豊 様

卓 話
陸上自衛隊第372
司令 林 豊 様
施設中隊鯖江駐屯地
テ-マ「 鯖 江 駐 屯 地 の 役 割 」

昨夜から、熊本地震が発生し、当駐屯地も24時間情報収集体制をとっている。このような服装で失礼する。では、鯖江駐屯地の活動を紹介する。少しでも理解願いたい説明の内容は3点。①駐屯地の概要。②施設中隊の概要活動。③地域の誇りとその取り組み私は、2等陸佐(中佐)。通常、防衛大学を出ると最初に3等陸尉(少尉)に任官。小隊長時代を過ごす。

出身は石川県金沢市。この職について、初めての北陸勤務。非常にありがたい。H9年に防衛大学に入り、同13年に広島の13施設中隊という施設科の部隊に配属され、小隊長時代を過ごした。施設科は元々中世のヨーロッパで城壁を崩して攻撃をする。その際トンネルを作ったり、爆破し堅牢なお城を壊して進んでいった。そういう部隊が発端。今でも、爆破や地雷を処理する作業。状況により、戦闘部隊の普通科である歩兵部隊の前に行って、敵前で作業をしなければならない。持っている技術を使って、何とか難局をクリアしていくのが、施設科部隊の任務である。

詳しくは活動報告にて