老壮青 今、日々を大切に「感謝で繋ぐ」 その為に…

ロータリークラブの活動はエンドレス。今後も絶やす事なく存続・発展させて行かなければなりません。その一端を担う事になり大変な重責ですが、今年度1年間は、RCを優先・中心に会員の先頭に立ち、ご協力をいただきながら、微力ですが帰山幹事ともども牽引役に徹します。何卒宜しくお願いいたします。
さて、会長方針及びスローガンですが、“老壮青”は文字どおり、ベテラン・中堅・若手です。それぞれ大切で全員野球からしか進歩は生まれません。
また、時の経つ速さを特に感じるようになり、1日1日を大切にしていかなければならないのも事実。そこから改めて書いたのが“感謝で繋ぐ”です。この“感謝”は、ロータリアンでいられることへの感謝、また鯖江に生まれ育んでこられたことへの感謝等ありがたいことばかりです。そして、現在、人口減少社会という最重要な問題の中、乱暴ですが私の見解では、その根本は、核家族を含め故郷を顧みない家庭教育にあると考えます。しかし家庭の再生にも特効薬は見当たりません。ただ、家庭を繋ぎ、ご商売を繋いでいくという努力は、今後も最大限しなくてはならないのではないでしょうか! 無論「鯖江ロータリークラブ」も繋いで行かなければなりません。
お願いは、今年度、今までよりほんの少し鯖江RCに意識を下さい。ほんの少し鯖江RCに時間を下さい。そこでスローガンに“その為に…”をつけ、下記のいくつかの目標設定・賞・サークル活動支援を掲げました。懇談会も増やします。それが「会員増強(仲間を増やし結束する)」に繋がり、鯖江RCの元気に繋がると考えます。
全員野球で頑張りましょう。どうか、気負わず・真面目に・楽しもうではありませんか!
会 長 田村 康夫
会 長 田村 康夫
2016-17年度 鯖江ロータリークラブ

160914_A4たて_表面(RB)R2

交通安全のつよーい味方★、皆でおぼえよう!サバーンのお約束体操。

この体操を覚えれば君も交通安全のヒーローだ!

鯖江ロータリークラブは「サバーンのおやくそく体操普及プロジェクト」に参加し、活動を行っております。

スケジュール

例会報告

鯖江ロータリークラブ、4月21日〈金〉第2799回例会卓話には、福井県立大学地域経済研究所教授 南保 勝 様をお迎えして「歴史経路で学ぶ地域の経済と企業経営」のテーマでお話しいただきました。

同氏は、銀行から、県立大に入り、2009年から現職。地場産業論・地域経済論・地域研究を専門とされておられ、これらに関した著書・論文も多数発刊されています。

今回は、福井県が、明治期のはじめ分離、統合時には消滅という危機的状況を乗り越えながらも、明治期のはじめに現在の福井県とほぼ同じ地形の県域をつくりあげていった歴史的背景の中で、福井県が誕生した明治初期(近世を含む)における本県の産業はいったいどのような特徴を持っていたのか。その特徴について。また、そうした福井の産業史を踏まえて、今後の地域企業の姿は如何にあるべきかについては、経済学、経営学の基本理論をもとにご説明いただき、会員一同学びを深めました。

南保様、大変お忙しい中ありがとうございました。今後ますますのご活躍を心からお祈り申し上げます。
... See MoreSee Less

View on Facebook

鯖江ロータリークラブ、4月14日〈金〉第2798回例会卓話には、経営コンサルタント 森山 明 様をお迎えして「企業成長とM&A の活用」のテーマでお話しいただきました。同氏は、銀行勤務を経て、民間企業に入社。上場準備・M&A・会社再編・業務改善等の業務に携わられた後、経営コンサルタントを開業されました。今回は、8件のM&Aに関わられたご経験などからのM&Aの成否のポイントなど、大変貴重なお話をしていただき、会員一同学びを深めました。森山様、大変お忙しい中ありがとうございました。今後ますますのご活躍ご発展を心からお祈り申し上げます。 ... See MoreSee Less

View on Facebook

ロータリージャパン

ロータリージャパン

国際ロータリー

国際ロータリー

RID2650(福井・滋賀・京都・奈良)

RID2650(福井・滋賀・京都・奈良)

ロータリー文庫

ロータリー文庫

事務局

鯖江ロータリークラブ

〒916-0026

福井県鯖江市本町3丁目2−12 鯖江商工会館 3F

TEL. 0778-52-2966

所在地


GOOGLEマップ