心で繋がろう

【基本方針】
我が鯖江ロータリークラブは本年60周年を迎える伝統のあるクラブです。
2018年1月には、鯖江北ロータリークラブと合併し、再スタートを切りました。
本年度は、心の繋がりの強いクラブになろうという方針のもと、活動と親睦を通して、充実した楽しい鯖江ロータリークラブになれるよう努めてまいりたいと思います。
そのためには、相手のことを尊重し心遣いをもって接することを実践し、相手のことを理解しながら活動することで、クラブを活性化していかなければなりません。また、奉仕活動を通じて地域の方たちとの心のふれ合いの大切さを実感できるクラブにしていきたいと考えています。
近年、核家族化が進み、先達を敬う心や家族を思いやる心が薄れてきているように感じます。また、教育の在り方も時代と共に変わり、自分自身を守ることに重きを置くようになり地域の人々との共存意識を軽んじるような世相になっているように思えます。高齢者や青少年にとって不安な世の中になっているのも、こういったことが原因のひとつかも知れません。
こういう時代こそ、日本の素晴らしい心の文化を今一度真剣に考え、令和元年にふさわしい 心の繋がった鯖江ロータリークラブ に発展できるよう努め、社会平和に貢献できるようこの一年を全うしたいと思っております。
会員皆様のご指導ご協力を宜しくお願い致します。

2019-20年度 鯖江ロータリークラブ

160914_A4たて_表面(RB)R2

交通安全のつよーい味方★、皆でおぼえよう!サバーンのお約束体操。

この体操を覚えれば君も交通安全のヒーローだ!

鯖江ロータリークラブは「サバーンのおやくそく体操普及プロジェクト」に参加し、活動を行っております。

例会報告

鯖江ロータリークラブでは毎回の例会に多方面からのゲストスピーカーをお招きしています。

先日8月9日は、弁護士 中村 淳 様をお迎えして「労使トラブルの傾向と対策」のテーマでお話をいただきました。中村さまは福井西RC会員のロータリアン。そして「福井労働局紛争調整委員会」のあっせん委員も務められています。「パワハラ(パワーハラスメント)」「アンガーマネジメントの大切さ」「紛争処理として労働局のあっせん制度」など労働問題について、専門のお立場から分かりやすくお話をいただき、会員一同学びと気づきを深めました。

中村様、大変お忙しい中、誠にありがとうございました。今後のますますのご活躍をご祈念いたします。
... See MoreSee Less

View on Facebook

鯖江ロータリークラブでは毎回の例会に多方面からのゲストスピーカーをお招きしています。
7月26日は、鯖江市まなべの館 館長 前田 清彦 様をお迎えして「知られざる鯖江の先人 砂村新左衛門(すなむらしんざえもん)」のテーマでお話をいただきました。

砂村新左衛門は、今から約400年前の江戸時代前期(17世紀)に、現在の東京・横須賀・横浜などで新田開発を実施した土木技術者。
1601年、福岡新左衛門の次男として現在の鯖江市で誕生。福岡家は戦国大名朝倉氏家臣だったが主家の滅亡後に農民に。現在の横越と下新庄の間にあった「砂畑」と呼ばれていた荒地を開拓して移住、「新」村と名付けた(現在の鯖江市新町)。
つまり、砂村新左衛門は新田開発事業を企画する進取の気性に富んだ家柄に生まれた人物。

若い頃から壮年まで、三国湊で土木事業に携わる傍ら、新田開拓の技術を習得し全国各地に。1624~1645年には相模国三浦郡内川(現在の横須賀市久里浜)の新田開発に着手し(内川新田)。1659年には明暦大火後の江戸再建事業に参加し、現在の江東区南砂の新田開発の権利を(砂村新田)。また同じ頃に現在の横浜市中区の新田開発にも参加(吉田新田)。

今回は、砂村新左衛門について、知り、学ぶことができた貴重な機会でした。横須賀市や江東区などの現地には新田開発の石碑や新左衛門の顕彰碑が建てられているそうですが、この砂村新左衛門については、まだ鯖江ではあまり知られていないのが現状。全国で次々と事業を成功させ、活躍しその足跡も残している、知られざる鯖江の先人の存在を是非みんなで情報を共有し、広く周知していきたいですね。

前田館長様、大変お忙しい中、誠にありがとうございました。今後のますますのご活躍をご祈念いたします。
... See MoreSee Less

View on Facebook

現在RI(国際ロータリー)には世界中で185か国に33.000のロータリークラブがあります。毎年取り組むべきテーマは変化しますが、ロータリーとして各クラブがバラバラな活動とならないようにガバナー公式訪問という行事があります。日本には34人のガバナーが毎年任命されています。当クラブのある福井県は第2650地区という区分けになっており、この地区のただ一人のRI役員としてのガバナーの公式訪問によって各クラブがどのような活動を行っているかチェックやアドバイスを頂きます。

当クラブでは先日7月12日(金)、第2650地区ガバナー 佐竹 力總 様、地区副幹事長  三好 正晃 様、ガバナー補佐 小林 和美 様をお迎えして今年度ガバナー公式訪問例会を開催いたしました。例会前には、ガバナー御一行様と当クラブ役員との懇談の時間もいただき、また例会では、国際ロータリー マーク・ダニエル・マロ―二―会長の今年のテーマ「ロータリーは世界をつなぐ」について、新ビジョン声明について、国際ロータリーの使命についてなどガバナーから演説も頂戴し、会員一同、国際ロータリーの活動方針などについて改めて学び、気づきを深める大変貴重な機会となりました。
... See MoreSee Less

View on Facebook
ロータリージャパン

ロータリージャパン

国際ロータリー

国際ロータリー

RID2650(福井・滋賀・京都・奈良)

RID2650(福井・滋賀・京都・奈良)

ロータリー文庫

ロータリー文庫

事務局

鯖江ロータリークラブ

〒916-0026

福井県鯖江市本町3丁目2−12 鯖江商工会館 3F

TEL. 0778-52-2966

所在地


GOOGLEマップ