ロータリーとは

ホーム > ロータリーとは

奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために

2021-22年度 国際ロータリー会長 シェカール・メータ氏

皆さまとご家族に謹んで新ロータリー年度のお祝いを申し上げます。この1年間を「もっと成長し、もっと行動する」1年にすることで、ともに人生で最良の年にしましょう。変革者の年にするのです。まずは会員増強から。

だからこそ、「Each One, Bring One」(みんなが一人を入会させよう)が非常に大きな意味を持ちます。今年度は、ロータリーが皆さまの地域社会に、そして世界中に影響を広げられるような新しい方法を創出しましょう。各会員がひとり新しい会員をロータリーに紹介すれば、会員数は2022年7月までに130万人に達します。今すぐ始めましょう

活力と輝き

ー ロータリーの基本を大切に ー
2021-22年度 国際ロータリー第2650地区ガバナー 馬場 益弘 氏

  1. ロータリーの基本を大切にしましょう。
    ロータリーが 100 年以上にわたり基本理念に従って行動してきた「四つのテスト」「ロータリーの目的」「五大奉仕部門」を大切にし、ロータリー不変の価値観である「奉仕」「親睦」「多様性」「高潔性」「リーダーシップ」を行動の土台として、持続可能なより良い変化を生むロータリー活動を実践しましょう。
  2. 活力ある輝くクラブ作りを目指しましょう。
    ロータリーの中核を成すのは奉仕と友情を大切にするロータリアンです。今こそ、自身を、家族を、会社を、従業員を守り、自身の職業を通じた「職業奉仕」の実践と「例会出席」によるクラブ会員相互の親睦を深める時です。様々な職業人と世代間の壁を越えた人々の繋がりがロータリーの原点であり、「魅力ある例会」と「親睦活動」によって築かれるロータリアンの絆こそが活力ある明るく輝くクラブ作りの根幹となるでしょう。
  3. 新しい環境に適応しましょう。
    今までの日常に時計の針を戻そうとするのではなく、新しい環境に適応したロータリー活動のあるべき姿を創造しましょう。

ロータリーとは

職業・国・文化が異なる120万人の会員から成るネットワーク、ロータリーは、草の根の活動とグローバルな取り組みを通じて変化を生み出しています。

私たちのモットーは「超我の奉仕」
ロータリーはその基本理念を土台とした価値観(奉仕、親睦、多様性、高潔性、リーダーシップ)を大切にしてきました。
ロータリーの活動
切迫した問題が山積みとなっているこの世界で、私たちは単なる傍観者ではなく、自ら行動する責任があると考えています。ロータリーは以下の分野に重点を置いて活動しています。
平和の推進
疾病との闘い
水と衛生
母子の健康
教育の支援
地元経済の成長

ロータリークラブ – Wikipedia

四つのテスト

会員は「四つのテスト」を行動基準として活動を行なっています。

四つのテスト “The Four-Way Test”
言行はこれに照らしてから “Of the things we think, say or do”
  1. 真実かどうか “Is it the TRUTH?”
  2. みんなに公平か “Is it FAIR to all concerned?”
  3. 好意と友情を深めるか “Will it build GOODWILL and BETTER FRIENDSHIPS?”
  4. みんなのためになるかどうか “Will it be BENEFICIAL to all concerned?”