ロータリーとは

ホーム > ロータリーとは

ロータリーは世界をつなぐ

2019-20年度 国際ロータリー会長 マーク・ダニエル・マローニー 氏

2019-20年度には、「ロータリーは世界をつなぐ」のテーマの下、ロータリーの奉仕を通じて、有能で 思慮深く、寛大な人びとが手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょう。

伝統と革新 世界はひとつ

2019-20年度 国際ロータリー第2650地区ガバナー 佐竹 力總 氏

114年前 アメリカ東部ニューイングランドの美しい自然に囲まれて育ったポール・ハリスが、そこに住む人々の寛容、親切、奉仕の精神を受け継ぎ、友情を深めて異なる職業の4人により、シカゴで「ロータリー」をスタートしました。
若い弁護士としてシカゴにやってきたポール・ハリスが、ロータリーを創設した最大の理由、それは見知らぬ街でほかの人たちと「つながる」ことでした。それから一世紀以上が経った今では、200以上の国と地域に拡がり、35,000クラブ、525地区、34ゾーン、会員数は約120万人という巨大な活動団体になりました。
私たちの周りでは、ポール・ハリスの時代には想像もできなかったような友情とネットワークを築くための方法が数多く存在します。
それでもロータリーにおける「つながり」は独特であり、ほかに類を見ません。

また、日本のロータリーも、2270クラブ、34地区、約9万人の会員数を擁し、2020年10月には100周年という大きな節目を迎えることになります。

2019-20年度、マーク・ダニエル・マローニーRI 会長は「ロータリーは世界をつなぐ(ROTARY CONNECTS THE WORLD)」をテーマとされました。
ロータリー創設の理由は見知らぬ街でほかの人たちと「つながる」こと。地域社会とつながり、価値観を共有した人とつながり、支援を必要とする人とつながる。そうしたつながりが未来を創ります。そして、その重要な場所が地域の人が集う「クラブ」であります。
「ロータリーの奉仕を通じて、有能で思慮深く寛大な人びとが手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築きましょう」と提唱されました。
これを受けて2019-20年度は、「伝統と革新 世界はひとつ」を地区のスローガンとしました。

私たち2650地区は、
〇シルクロードの終着点 国際色豊かな白鳳・天平文化が花開いた 奈 良
〇越前・若狭の緑豊かな山々と日本海 自然環境に恵まれた教育県 福 井
〇日本最大の琵琶湖 近代産業の先駆者近江商人のふるさと 滋 賀
〇1200年にわたる日本文化の中心地 悠久の歴史都市 京 都
この多彩な風土、個性的な文化に育まれた4府県において、世界に誇る歴史と伝統に培われた96のクラブ、約4,700名の会員で構成され、全国有数の規模を誇っています。

しかし、2016年には規定審議会でクラブの自主性と柔軟性が強調され、職業奉仕と例会を重視する日本のロータリークラブの在り方と、人道的奉仕組織になりつつある国際ロータリー(RI)の方向性との間に、次第にへだたりが生じてきていることは否めません。

私は、ロータリークラブの基本理念は「奉仕と親睦(友情)」であり、その根底を支えるものは「職業分類」と「例会出席」であると考えます。
地域でその業種を代表する人材が、自分の職業を「天職」と捉え、自身の職業の倫理性を高めつつ、その職責を通じて広く世の中のために奉仕する。この職業奉仕こそがあらゆる奉仕活動の「根源」ではないでしょうか。
そして、ロータリーの魅力は例会出席にあります。
いろいろな職業の人たちと交流すること、商業人として研鑽を積むこと、それがひいては修養の場となる。この点に尽きると思います。
このような大樹のごとき精神的支柱がなかったら、単なる慈善事業を行う人道的奉仕の社交団体であったなら、今日までこのように人の心を引きつけ、世紀を超えて発展したでしょうか。

とはいえ、グローバル化の時代に、私たちはその変化に適応してゆかなければなりません。まさに「流水に間断なし」(正しい意念が念々相続して片時も滞らない様)です。滞ることなく組織を発展させ、エネルギッシュな流れを皆様とともに守り伝えてゆきたい。すなわちいつの時代も次世代を見据え、準備を怠ることなく、激しい時代の流れに呑まれることなく適応して、ロータリークラブを守り育てなければなりません。

私は、富田謙三パストガバナー(2009~10)の時、ご縁により地区幹事長を仰せつかりました。その際、現在の地区ガバナー恒久事務所の設置に携われたことが、この上ない思い出になっています。
私は、これまでの経験を踏まえて、千玄室元 RI 理事が常に言っておられる「善意 奉仕の心」を礎に、地区スローガンを「伝統と革新 世界はひとつ」と決めさせていただきました。

ロータリーとは

職業・国・文化が異なる120万人の会員から成るネットワーク、ロータリーは、草の根の活動とグローバルな取り組みを通じて変化を生み出しています。

私たちのモットーは「超我の奉仕」
ロータリーはその基本理念を土台とした価値観(奉仕、親睦、多様性、高潔性、リーダーシップ)を大切にしてきました。
ロータリーの活動
切迫した問題が山積みとなっているこの世界で、私たちは単なる傍観者ではなく、自ら行動する責任があると考えています。ロータリーは以下の分野に重点を置いて活動しています。
平和の推進
疾病との闘い
水と衛生
母子の健康
教育の支援
地元経済の成長

ロータリークラブ – Wikipedia

四つのテスト

会員は「四つのテスト」を行動基準として活動を行なっています。

四つのテスト “The Four-Way Test”
言行はこれに照らしてから “Of the things we think, say or do”
  1. 真実かどうか “Is it the TRUTH?”
  2. みんなに公平か “Is it FAIR to all concerned?”
  3. 好意と友情を深めるか “Will it build GOODWILL and BETTER FRIENDSHIPS?”
  4. みんなのためになるかどうか “Will it be BENEFICIAL to all concerned?”